【Kstyle・ステージ拡大鏡】ORANGE CARAMEL「CATALLENA」編

Share on Facebook

一つのステージが作られるまでには多くのプロセスが必要である。非常に小さなアクセサリー一つでも、細かい意見調整のプロセスを経て誕生する。特に見る音楽の花であるアイドルグループは、決まったコンセプトに合わせて歌やパフォーマンス、ファッションを有機的に結合させ、生き生きとしたステージを作り出す。そのため、アイドルのコンセプトを多様な視点から細かく調べるのも、ステージを楽しむ一つの方法である。10asiaは探偵のような鋭い目でアイドルのステージを徹底分析する。最初のターゲットは「CATALLENA」で戻ってきた個性派アイドルユニットORANGE CARAMELである。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

歌:“ORANGE CARAMEL唱法”と神秘的な民謡の絶妙な調和

ORANGE CARAMELは「魔法少女」「アイン」「LIPSTICK」など、毎回一目で分かる独特なコンセプトを披露している。今回の新曲「CATALLENA」は、パキスタンのパンジャブ族の民謡「Jutti Meri」を借用して作ったインド風のディスコナンバーで、幼稚で気難しいが不思議な魅力で人々を虜にするキャラクターCATALLENAの話を描いた。ORANGE CARAMELはステージの上でCATALLENAのキャラクターを完璧に表現しながら歌を披露する。導入部のレイナ、リジ、ナナの順で気合を入れる箇所は、ORANGE CARAMEL独特の雰囲気を一発で表現すると同時に、CATALLENAの感情を表す。
ORANGE CARAMELがカムバックからわずか1週間で1位候補に挙がった秘訣は、グループに合わせた差別化戦略が通じたからだ。彼女たちはAFTERSCHOOLの曲では素晴らしい歌唱力を発揮し、正常(?)な唱法を披露するが、ORANGE CARAMELでは愛嬌のある鼻声で歌う通称“ORANGE CARAMEL唱法”を披露する。また、「CATALLENA」で流れるパンジャブ族の民謡の中の神秘的な声が、愛嬌のあるメンバーたちの声の間で薬味の役割を果たし、絶妙な調和を成す。さらに、ツンとした女性を思い浮かべさせるORANGE CARAMELの歌い方は「CATALLENA」のキャラクターともぴったり合い、コンセプトの一体化に役割を果たす。

パフォーマンス:一度見たら、忘れられない

寿司を握っているわけではありません。魔法の玉に呪文を唱えます。「ジュティメリーオイェホイホイ!」

歌詞を見なくてもどんなダンスなのか分かることがORANGE CARAMELの魅力。ぶるぶる震えているでしょう?

「CATALLENA」のステージを見た人の一番多い書き込み「ククク」

ORANGE CARAMELの振り付けは一度見たら忘れられない。歌詞をそのまま再現しているため、自然に夢中になってしまう。サビの部分では髪を整えるようなカロンダンス(カロン:釜山(プサン)の方言で“格好つける”という意味)を披露し、「オモモモ(あらら)」と言っているような振り付けを踊ったり、「見たい」という部分では望遠鏡で見る動作を取ったり、「手を振って」という歌詞では本当に手を振る。「スルルルルク(するすると)」「パルルルルク(プルプルと)」という擬態語をダンスで表現した動作も視線を引き付ける。さらに、「遊びたい」という部分ではクラブダンスの定番、腰振りダンスを披露する!

民謡のサンプリングに合わせたダンスも面白い。「ジュティメリーオイェホイホイ ポラメラオイホイホイ」などの面白い民謡が流れる部分では、とても面白いと言うように「ㅋ(ク)」の字を表現したダンスを披露し(3人集まれば「ㅋㅋㅋ」になる)、笑いを誘う。サビが終わる最後の部分に「ジュティメリーオイェホイホイ」が出る時は、魔法の呪文をかける歌詞に合わせて魔法の玉を触る動作を取るのも目立つ。(実はミュージックビデオがお寿司のコンセプトだったので、これは寿司を握るダンスだと思っていた) 中毒性のあるメロディと簡単で面白い振り付けがORANGE CARAMELから抜け出せない魅力を作る。

ビジュアル:食べ物をコンセプトにした新概念のファッションの進化

さらに自信と余裕を持つようになったORANGE CARAMELの表情も、歌を楽しませる秘訣の一つだ。ORANGE CARAMELの結成当初、3人はそれぞれ一人部屋に入って鏡を見ながら5時間ずつ練習するほど表情の練習が必要だった。しかし、今では黙っていても自然に浮かんでくる不思議で可愛い表情がステージを満たしている。特に曲の導入部の気合を入れた後のメンバーたちの表情は、ORANGE CARAMELだけの凛々しさが感じられる。

独特な舞台衣装もORANGE CARAMELから欠かせない要素だ。ORANGE CARAMELは「魔法少女」の時からドット柄の舞台衣装を好んで着ていた。ドット柄は視線を引き付けやすく、最も面白く躍動的な表現ができるため、頻繁に用いられてきた模様だ。だが、「CATALLENA」ではそのドット柄の衣装が進化した。ORANGE CARAMELはドット柄の衣装を中心に、毎週違う食べ物コンセプトの舞台衣装を披露している。1週目は、ミュージックビデオのお寿司コンセプトに合わせてお寿司を連想させる舞台衣装を披露し、2週目以降はキャンディ、ビビンバ、ドーナツなど食べ物をコンセプトにした新概念のファッションショーがステージで行われている。

食べ物と「CATALLENA」のコンセプトは密接な関係がある。ミュージックビデオでORANGE CARAMELはネタによって値段が変わるお寿司に変身した。そして、ミュージックビデオは1000ウォン(約95円)のお寿司に変身したORANGE CARAMELと8000ウォン(約761円)のお寿司に変身したCATALLENA役のお笑い芸人キム・デソンを比べることで、「気難しいが仲良くなりたい女性」というCATALLENAの意味を象徴的に表現した。それがステージではお寿司と海産物に変身したORANGE CARAMELの象徴的な意味を、違う食べ物コンセプトの舞台衣装に進化させたわけだ。彼女たちは今後、ビジュアルだけが日々進化するのだろうか?「魔法少女」の時から他の追随を許さないコンセプトを追求してきたORANGE CARAMELの創意力と自信を考えれば、様々な面でさらなる進化が期待できる。
元記事配信日時 : 2014年03月26日06時54分 記者 : パク・スジョン、編集 : チェ・ジンシル、写真 : Mnet「M COUNTDOWN」、KBS 2TV「ミュージックバンク」、MBC「ショー音楽中心」、SBS「人気歌謡」放送画面、Pledisエンターテインメント提供、翻訳 : ナ・ウンジョン

This entry was posted in Lizzy, Nana, Raina姫, ニュース and tagged . Bookmark the permalink.